おしゃれひげとは?

ひげは男のロマン。
最近ではダンディズムだけでなく、カジュアルなひげデザインが増え、日本人も若い男性を中心に、おしゃれとしてひげを気軽に取り入れることができるようになりました。

ひげの形は20種類以上もあるんです。
しかも、同じひげの形でもその人の髪型や顔のつくり、ひげの濃さ薄さで全く違った雰囲気になることを考えると、おしゃれひげは無限大に広がります。

おしゃれひげは、自分のこだわり、スタイルから。

ひげデザインにこだわること、それ自体がおしゃれであって周りからは賛否両論あったとしても、そのようなことはおかまいなし。
自分のこだわりやスタイルからおしゃれひげは発生する、私はそう考えます。
「この人おしゃれひげだなあ」と感じるのは、そのひげの形だけではなく、その人のトータルコーディネイトの中に自然にひげがある人

昔は、威厳を保つために口ひげをたくわえることが多かったとしても、
今日では、おしゃれアイテムのひとつとして、どのような立場の人でも男性であれば平等に手に入れられるものです。
ましてや、髪型や服装にこだわりがある人なら、そのおしゃれアイテムを取り入れないわけがないでしょう。

最近のひげトレンドは

最近のひげに対する印象は「男らしさ」から「おしゃれ」へと移行し、「ワイルド」なものから「清潔感あふれる」ものが多くなっていると感じます。
ひと昔前までは野暮ったさをイメージさせる「無精ひげ」は、今や女性からの好感度も高く、「洗練された無精ひげ」は人気のおしゃれひげのひとつとなっています。

会社勤めの男性は「休日のおしゃれひげ」を楽しんでいる方もいれば、
ここ最近では職種によってスーツ姿でも清潔感のあるおしゃれひげも認められている所もあるようで、うらやましい限りです。
職業や立場はひげにとって非常に高い壁と感じることもありますが、
女性がメイクをしたり、アクセサリーをつけたりと、変化をつけることができるのと同じように、
男性特権のアイテムとして、ひげがおしゃれをワンランクアップを手助けしてくれるものと確信しています。

私はもっぱらシェービングフォームでカミソリシェイビングですが、
最近の電気シェーバーは、簡単におしゃれひげのデザインができるようになっています。
月に一度はひげをプロにシェービングしてもらうために理容室に行くこともできますし、おしゃれひげにこだわりを持ったサロンもあります。
また、ひげに自信がない方にはメンズエステでひげの脱毛を含め、ひげデザインのお手伝いもしてくれるようです。

ヘアスタイルを変えるより手軽で簡単にイメージチェンジ。いつものおしゃれに変化をつけてみましょう。