髪型とひげに関して

髪型とひげのデザインは切っても切り離せないものです。

美容師さんにカットをお願いする時、「今後ひげは伸ばすのか、きれいに剃り上げるのか」と質問され、
それによって髪型に変化をつけられることが多いです。

また、私がお願いしている美容師さんは親切にも、休日のみひげを楽しめるヘアスタイルをデザインしてくれることもありました。
カットする際、モミアゲの生え方や量を見て、似合うひげを提案してくれる親切な美容師さんもいました。

以前、青ひげをコンプレックスに思っていた時、
「メンズエステで不要な箇所を脱毛したら?」という提案もいただき、
もはやコンプレックスなんてないな、と思ったこともありました。

ひげと髪型はセットで考えて

私は、街で見かける「この人おしゃれなひげだなあ」と思う人に出会うと、
どうしても「次のスタイルのお手本にしよう」と思うのですが、
いつも、髪型とひげを一緒にインプットしてしまいます。
私にとっての髪型はひげとセットなのです。

そして、顔周りのおしゃれというと、メガネやサングラスですね。
外出する時はメガネをかけることが多いのですが、ひげにはマッチして、顔の印象ががらっと変わります。
自分の中では、おしゃれひげはメガネと髪型のグッドバランスから!と言い聞かせています。

さらには、まゆげにも手を出したりして、磨きをかけています。
あまりにも形がはっきり出過ぎるのは抵抗があり、
なにも手入れをしていなさそうにみえるくらいの自然なまゆげに挑戦しています。
挑戦とはいっても、まゆげはたまに気になった時のみです。それだけでも全く違います
私はハサミとカミソリを駆使して、まゆげデザインしています。

ファッションもひげとセットで考えましょう

私は毎日のファッションコーディネイトにも髪型とひげで変化をつけます。
ナチュラルなコーディネイトの場合は髪型もナチュラル。
ひげは自然な無精ひげで、肩の力を抜いた感じにしますし、
きちっとしたスーツのときは、髪型は七三で分けて、ひげを全て剃ってしまう場合もあります。

その時の気分で雰囲気を出せるので、ひげでメリハリをつけたり、雰囲気づくりをしています。
いずれにしても、その人の個性が光る髪型を作るとき、自然とひげのデザインにも影響しているようです。

ボウズ頭でヒゲを生やしている方は、おしゃれだなあと思うことも多いですし、
薄毛やベリーショートなどの短い髪は、ヒゲが断然似合います

イメージチェンジを狙うなら、洋服のコーディネイトを変えるより、髪型とひげから手軽な変化で楽しんではいかがでしょう。